知って得する★航空会社の子供向けサービス

航空会社によって異なりはするものの、様々な子供向け機内サービスがあります。
航空便を決める際には、値段だけでなくサービスも含めて決めることをオススメします。


◆機内食
・ベビーミール(航空会社によって呼び名は異なります)
完全予約制となりますが、子供用の機内食を準備してくれます。
8ヶ月までを対象としたペースト状の食事と、9ヶ月から2歳未満を対象とした半固形状の食事があります。
ただし、子供の口に合わない可能性もあるので、メニューを事前に確認しつつ、念のため好物を持参した方が良いでしょう。

・チャイルドミール
こちらも完全予約制となりますが、2歳から12歳未満を対象としたお子様専用の機内食もあります。
ベビーミールと同様に、メニューを事前に確認しつつ、子供の好物も持参しましょう。

・ミルク
粉ミルクは持参しなくてはならない航空会社がほとんどです。
ただし、お湯は提供してくれます。

◆オムツ
・紙おむつ
基本的には持参しましょう。
日系以外の航空会社では用意してくれる場合があるそうですが、サイズやテープかパンツ等、種類が揃っているとは言い切れません。
持参するか、事前に確認をした方が良いでしょう。
おむつの交換台もトイレに設置されています。

◆ベビーベッド
体重が10キロ程度の子供であれば、簡易ベッドが設置することが出来ます。
バシネットと呼ばれているそうです。
ただし、完全予約制で、数にも限りがあるので航空会社に確認を取りましょう。

◆チャイルドシート
基本的には、大人1人につき、2歳未満の子供が2人いる場合は必ず使用します。
そのため、チャイルドシートを使用する子供のために座席は一席確保しなくてはなりません。
チャイルドシートはレンタルすることが出来ますが、航空会社によって異なりますので事前に確認を取りましょう。
自分の持っているチャイルドシートを持参する場合は、各航空会社のJIS規格などを満たした製品でなければなりません。
その点もよく確認を取りましょう。


◆玩具
玩具をプレゼントしてくれる航空会社が多いようです。
また、絵本の貸し出しもされているところもあるようです。


このように、子供向けのサービスは様々用意されています。
長いフライトを快適に過ごすためにも、事前に確認を取っておきましょう。

鹿児島市の賃貸物件をお探しならゼロハウスにお任せ!

福山の不動産ならひろしま不動産

競馬情報ブログ

刺身こんにゃく

過払い金の返還請求をご対応!気になる方は弊社まで